観光スポット

太子町立竹内街道歴史資料館

外観

平成元年からのふるさとづくり事業の一環として竹内街道の整備とともに建設されたこの資料館は、平成5年3月3日にオープンしました。
街道脇にたたずむ館内では、最古の国道とも呼ばれる竹内街道と太子町の関わりが一目でわかるように展示されており、ここへ訪れた人々は往古の街道へタイムスリップすることができます。さあ、この資料館で、たっぷりと竹内街道や太子町の歴史を満喫してください。
第1展示室では、街道関係資料のほかマジックビジョン、VTRなどで竹内街道をさまざまな角度から解説しています。
また第2展示室では、太子町から出土した遺物や古文書などを展示し、まちの歴史を紹介しています。
なお、第2展示室では、9月中旬から12月上旬の間、『企画展』を開催します。

利用時間

9:30~17:00(入館は16:30まで)

入館料金

一般:個人200円、団体(20人以上)160円
高校生・大学生:個人100円、団体(20人以上)80円
小・中学生:個人50円、団体(20人以上)40円

休館日

毎週月・火曜日(その日が祝祭日の場合は、その翌日)12月26日~1月7日 この他、展示替えや資料点検のため臨時休館となることがあります。
臨時休館日は、開館カレンダー(太子町役場ホームページ内)でご確認ください。

所在地

大阪府南河内郡太子町大字山田1855番地

連絡先

TEL:0721-98-3266

GoogleMapを開く